北海道北見市:胃腸内科・肛門外科・外科の医療法人社団宏仁会 みやけ医院|苦痛の少ない内視鏡検査・痔・おしりの専門医。

ページスイッチ »|

ホーム » 院長便り » 胃にやさしい生活を!(北見市広報より)

胃にやさしい生活を!(北見市広報より)

2008/11/26(水)院長便り

 北見市広報の なるほど健康メモ は毎回医師会から交代でコラムを寄せています。
11月と12月は僕が一番市民の皆さんに知っていてほしいことから選んで書きました。
こちらにも載せますので是非ご覧下さい。


 胃癌や大腸癌は早期発見できれば治る病気ですが、症状が出てから病院にいっても手遅れということもあり得ます。消化管の内側(粘膜面)には知覚がないから病気ができても自覚できません。胃の調子が悪いときに市販の胃薬を飲んで症状がとれたからといって、問題が解決しているかどうかはわからないのです。症状を繰り返すなら消化器科を受診しましょう。胃薬は調子よくなっても医師の指示をまもって続けることが大切です。勝手にやめてしばらくたってからまた最初から治療をやりなおしたということもよく聞く話です。
 普段から病気にならない食生活を意識することも大切です。胃にやさしい生活を送るポイ
ントをあげてみます。

1)規則正しい食事を!
消化は寝てる間に行われます。寝る前3時間は食べないようにしましょう。

2)食事はゆっくり、よく噛み、腹八分目!
楽しく食事して胃腸の負担を減らしましょう。

3)脂肪分の多い物や刺激のある物は避けましょう。!
刺激物、脂、乳製品をとりすぎると胃腸が弱ります。

4)アルコールは控えめに!
アルコールで粘膜が傷みます。
元気な食生活を続けるために胃にやさしい生活を心がけましょう。

みやけ医院 三宅 毅

 

|| ホーム ||

最新ニュース

RSS表示パーツ

Twitter

twitter follow me mclinic4976
    mclinic4976フォローミー

    サイト内検索

    フィード

    メニュー

    タグクラウド

    きれ痔休日当番いぼ痔日曜当番休診内視鏡検査出血おしりポリープ院長便り症状

    月別アーカイブ

    胃腸内科・肛門外科・外科の

    みやけ医院

    〒090-0818 北見市本町3丁目7-21
    TEL.0157-24-4976 FAX.0157-24-4975

    FC2Ad

    Truck Accident Lawyers · Davis & McCabe|Design: Luka Cvrk